市川市の実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利

婦人科症状 まとめ

婦人科症状 まとめ

婦人科疾患は色々ありますが、主に月経に関係する月経不順や月経痛、排卵障害についてまとめていきます。

 

排卵障害とは

女性の卵巣には一生分以上の卵が蓄えられており、

排卵が起こっていない「排卵障害」は不妊原因の30%を占めます。

 

排卵障害の原因

 

1、排卵の起こるメカニズム

排卵が起こるためにはまず、ホルモンの司令塔である脳の視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが放出されるとことでその刺激を受けた脳の下垂体から卵胞の発育を促す「卵胞刺激ホルモン」と発育したホルモンに排卵を促す「黄体化ホルモン」が分泌され、その二つのホルモンの働きかけによって排卵がされるのです。

 

つまり排卵が起こるためには、視床下部・下垂体・卵巣の3つの部位が連携してホルモンを分泌しています。そのうちのどこかで障害があると、排卵も障害されてしまいます。

 

視床下部性

視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが十分に分泌されないために生じる排卵障害で、排卵障害の中でもっとも多いといわれています。主に、過度なダイエットなどによる体重減少、過剰な運動、ストレス等が原因となって起こります。

下垂体性

下垂体から、卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンが十分に分泌されないために生じる排卵障害です。「下垂体腫瘍」、出産に伴う大量出血によって起こる「シーハン症候群」などが原因になります。

卵巣性

卵巣に卵子が枯渇することによって生じる排卵障害で、通常よりも早く閉経が起こる「早発閉経」、染色体異常によって性腺機能不全になる「ターナー症候群」などが原因になります。

その他

●多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
卵子が入っている卵胞は、通常であれば、ひと月にひとつだけ成熟し、成熟した内部の卵子が卵巣の外皮を破って外に飛び出します(排卵)。しかし「多嚢胞性卵巣症候群」では、途中までしか成長していない未成熟な卵胞が排卵されずに卵巣内にたくさん溜まってしまいます。

●高プロラクチン血症
「プロラクチン」は、乳腺を刺激して母乳の分泌を促す作用を持つホルモンで、通常は妊娠中や授乳中に多く分泌されます。このプロラクチンが、過剰に分泌されるようになるのが「高プロラクチン血症」です。プロラクチンには、排卵を抑制する作用があるため、高プロラクチン血症では、排卵障害が起こります。

●甲状腺ホルモンの分泌低下
「甲状腺ホルモン」は、のどにある甲状腺から分泌されるホルモンで、全身の新陳代謝を活性化する作用があります。この甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、だるさを感じたり、肌がカサついたり、熱を生み出しにくくなって寒さを感じたりするようになりますが、排卵障害になることもあります。

 

  • アクセス
  • 診療案内
    診療時間/休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2019年12月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休日
  • アクセス
    JR本八幡駅南口から 徒歩3分、SEIYUが目印
  • ご来院地域
    【千葉県】
    市川市 妙田 行徳 船橋市 習志野市 鎌ケ谷市 松戸市 柏市 印西市 八千代市 習志野市 千葉市 四街道 木更津市 鴨川市 流山市

    【東京都】
    江東区 江戸川区 葛飾区 練馬区 中野区 墨田区

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • エキテン口コミ