市川市の実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利

不正出血について

不正出血とは

不正出血とは生理時以外に、性器から出血することを不正出血といい、生理不順・おりもの異常と続いて多い症状です。

大量に鮮血が出る場合はもちろんのこと、おりものに少量の血が混じるような場合も不正出血です。

 

器質性出血

卵巣や子宮の病気や異常により不正出血がおこることは、器質性出血といいます。

 

<良性の腫瘍>

・子宮膣部びらん

・子宮頸管ポリープ

・子宮筋腫

・子宮内膜ポリープ

 

<悪性の腫瘍>

・卵管がん

・外陰がん

・子宮肉腫

・子宮頸がん

・子宮体がん

 

機能性出血

機能性出血の多くは卵巣機能との関係があります。

つまり、機能性出血が起こる原因としては、卵巣機能の働きが衰える更年期や、子宮や卵巣が未発達である思春期に起こりやすい出血です。

 

具体的には、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌バランスが崩れることにより、機能性出血が起こる可能性があります。

 

機能性出血における他の理由としては、以下のような理由も考えられます。

・ビタミンC欠乏症

・急性伝染病

・敗血症

・血液疾患

 

このように不正出血には様々な理由があり、最悪の場合はがんの場合もあります。

 

その他の出血原因

他には以下のような場合で、出血があることがあります。

 

・閉経後の女性の場合は、女性ホルモンの作用低下により、膣壁が薄くなるため、性交による刺激が原因で出血する場合があります。

・外陰部にできものがある場合は、これに刺激が加わることで出血する場合があります。

・性交において陰茎が挿入される際に、膣の入り口が切れて出血する場合もあります。少し切れているような場合は出血は自然に止まるので心配ないでしょう。

 

鍼灸による不正出血の改善

鍼灸による不正出血の改善は、自律神経のホルモンバランスを調整することで行ってきます。その際に骨盤調整を組み合わせていくとより効果的です。

 

 

  • アクセス
  • 診療案内
    診療時間/休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2020年4月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    • 休日
  • アクセス
    JR本八幡駅南口から 徒歩3分、SEIYUが目印
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • エキテン口コミ