市川市の実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利

無排卵月経について

無排卵月経について

 

正常な月経周期とは

生理が始まった日から次の生理が始まる前日までの日数を1周期と数えます。

正常な月経周期は、28~30日であることが最も多いといわれています。

この期間、卵巣は、卵胞期→排卵期→黄体期、子宮内膜は、月経期→増殖期→分泌期というように卵巣と子宮内膜には変化が生じ、このサイクルが月経周期として現れてきます。

正常な月経のサイクルは以下のようになっています。

【増殖期(卵胞期)】
卵巣の中にある卵胞が卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌し、エストロゲンによって子宮内膜が増殖して厚くなっていく時期です。
 ↓
排卵がおこります。

 ↓
【分泌期(黄体期)】
排卵後の卵胞は黄体になって、主に黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。プロゲステロンは子宮内膜を着床に適した状態にしていきます。
 ↓
【月経期(黄体~卵胞期)】
もともと受精がおこなわれなかったり、受精卵が着床しなかった場合、黄体は退縮し白体になり、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が減少します。すると子宮内膜が剥がれ排出されます。これが月経です。月経は、排卵が起こってから約14日で起こります。これは月経不順の人でも変わりません。
そして、ふたたびエストロゲンの分泌が増えてくると子宮内膜が再生し、出血が止まります。
 ↓
【増殖期】

 

無排卵月経とは?

正常な月経周期では、排卵が起こり、妊娠が成立しなかった場合、月経となります。しかし、無排卵周期症(無排卵月経)では、排卵が起きていないのに、月経様の出血がみられます。

 

正常な基礎体温は、高温相と低温相の二相性ですが、無排卵周期症(無排卵月経)の場合、低温一相性となります。月経周期が不純なことが多く、月経期間も短かったり長かったりしますが、正常な月経と変わらない人もいます。そして、無排卵周期症(無排卵月経)は不妊の原因にもなります。

 

無排卵性周期症(無排卵月経)は、卵巣機能が未熟な思春期、卵巣機能が低下しつつある更年期に多くみられます。思春期、更年期、授乳期にみられるものは生理的なものですが、妊娠・出産が可能な性成熟期にみられるものは病的意味合いがおおきくなります。

 

  • アクセス
  • 診療案内
    診療時間/休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2020年4月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    • 休日
  • アクセス
    JR本八幡駅南口から 徒歩3分、SEIYUが目印
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • エキテン口コミ