市川市の治療実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利
オフィシャルブログ

鍼灸の施術 排卵障害への効果

" 月経不順, 冷え, 鍼灸, 本八幡, 市川市, 婦人科, 不妊, 未分類 "

2018年1月24日

こんにちは。

本八幡鍼灸院、院長の峯岸里美です。

 

先日の大雪の影響で交通機関も乱れが生じて通勤、通学に困難された方も多いのではないでしょうか?本八幡駅周辺も雪が積もって、雪国のようでした。

それでも朝から雪かきをして下さる方のお蔭で今日はすっかり雪は解けてしまいました。

ただ気温は低いので冷えが辛い時期ですね。

 

本日は女性では意外と多く、女性不妊の原因の中では30%を占めるという

「排卵障害」についてお話をしていきますね。

 

まず排卵が起こるためには

視床下部から「ゴナドトロピン放出ホルモン」が放出されます。

するとそのホルモンの刺激を受けて、下垂体から

卵胞の発育を促す「卵胞刺激ホルモン」と

発育した卵胞を排卵させる「黄体化ホルモン」が分泌されます。

 

排卵までには視床下部、下垂体、卵巣の3つの働きが関係しています。

そのうちどこか一つでも連携が取れない状態にあると排卵が障害されてしまいます。

 

そのうち最も多いとされているのは、「視床下部」からゴナドトロピン放出ホルモンが

十分に放出されないことによる排卵障害です。過度なダイエットによる体重の減少や、運動のし過ぎ、ストレスなどがきっかけとなって起こります。

 

鍼灸では排卵障害の原因として多い視床下部に、直接アプローチすることができます。鍼から通電刺激を入れることにより、視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンを促すのです。

 

また、鍼灸は自律神経の中でも副交感神経と言って、リラックスするときに働く神経を促す効果がより高いです。副交感神経が働くと交感神経という緊張の時の神経は働きが抑えられ、よりリラックスし安い状態を作ることができます。

ストレスで交感神経が緊張しやすい環境の中ですが、ぜひ鍼灸で自律神経にアプローチしながら妊娠に向けてサポートを入れていってはいかがでしょうか?

 

本八幡鍼灸院

院長 峯岸里美

 

 

この記事を書いたのは…

 

本八幡鍼灸院 院長 峯岸里美

 

カテゴリー: 月経不順, 冷え, 鍼灸, 本八幡, 市川市, 婦人科, 不妊, 未分類.
  • アクセス
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年9月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り