市川市の治療実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利

不妊と月経痛

不妊と月経痛

昔から月経痛がある…。そんな方は妊活に向けて事前に体質改善をお勧めします。

月経痛と不妊との関連についてお伝えしていきますね。

 

月経痛とは?

生理の直前から生理中にかけて子宮が収縮するために起きる、下腹部や腰の痛みのことを言います。人によって出方は様々で、頭痛・胃痛・吐き気・めまい・胃痛や下痢などを伴うこともあります。

 

月経痛の原因とは?

子宮の内膜が剥がれ落ちるために子宮内膜から分泌される「プロスタグランジン(発痛物質)」が原因とされています。プロスタグランジンが血流で全身に巡ることで、頭痛や胃腸の不調にもつながります。

 

 

東洋医学の月経痛原因とは?

①冷え

身体に冷えがあることで血流が悪くなると、月経時に内膜が上手くはがれおちず、内膜からプロスタグランジンが多く分泌されるようになります。

そのため月経痛の悪化につながります。

②お血

血液の滞った状態が長くなると、酸素不足を起こすことで血液が塊になり、ますます流れが滞るようになります。そのため月経痛が起こり、さらに月経血に塊が混じるようになります。塊が混じって色が黒っぽくなるのが特徴です。

 

早めの改善

月経痛を放っておくと、全身の冷え、特に骨盤内の冷え、そしてオ血体質になり排卵障害や月経不順につながります。まだ先の話…ではなく早めの改善をしていきましょう!

 

 

 

  • 診療案内
    診療時間/休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2020年12月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
  • アクセス
    JR本八幡駅南口から 徒歩3分、SEIYUが目印
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • エキテン口コミ