市川市の治療実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利

坐骨神経痛でお悩みの方

坐骨神経痛について

こんな症状が気になっていませんか?

  • 長時間立っていると足が張って重だるくなってくる
  • 足の先がピリピリしびれる
  • 病院で坐骨神経痛と言われた
  • 電気治療やブロック注射を受けたけど、改善する気配がない
  • 雨の日や梅雨時期は症状がよりつらい
  • 日によって痛みやしびれが移動する

 

 

坐骨神経痛とは

 

坐骨神経痛とは、腰から足に向かって伸びている「坐骨神経」が、さまざまな原因によって圧迫・刺激されることによって現れる、痛みやしびれなどの症状のことを言います。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

 

坐骨神経痛の原因

 

1、腰部脊柱管狭窄

背骨(脊椎ともいいます)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。
腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態です。とくに50代を超えた中高年に多く見られます。脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(かんけつ はこう)と呼ばれる痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

 

2、腰椎椎間板ヘルニア

背骨(脊椎)は、「椎体」という骨と、その間でクッションの役割をする「椎間板(ついかんばん)」が交互に積み重なっています。椎間板の中にはゼリー状の「髄核(ずいかく)」という部分があり、椎間板ヘルニアでは、何らかの理由でこの髄核が押し出され、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで痛みやしびれが起こります。この状態が腰のあたりの背骨で生じたのが「腰椎椎間板ヘルニア」で、下半身に痛みやしびれが起こります。

 

3、梨状筋症候群・その他

お尻の奥にお尻を横切るようについている筋肉(梨状筋)の中を走っている坐骨神経が、筋肉の緊張、外傷やスポーツ活動などで圧迫されて起こる、痛みやしびれなどのことを「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」といいます。

 

坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛はお尻や太もも、すね、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状があらわれます。
こうした症状は、足の一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強く感じる場合もあります。

 

・いつもお尻に痛み、しびれがある

・足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる。休むとおさまる

・腰を動かすと足の痛みが強まる

・安静にしていてもお尻や足の痛みやしびれがひどくて眠れない(炎症期)

・足だけでなく腰にも痛みがある

・身体をかがめるといたくて靴下がはけない

・痛みやしびれ以外に灼熱感(チリチリする)がある

・足やふくらはぎ、太ももに張り感を感じる

・足の裏の皮膚が熱くなったような感覚がある

 

 

坐骨神経痛 急性期

坐骨神経痛は人によって症状の出方が違います。

とくに炎症期には激しい痛みやしびれの症状が出る場合があります。

急性・炎症の時期は痛みが持続し、なかなか治まらないことがあります。

 

・横になっていても痛い

・夜中も痛みで目が覚める

 

などの症状があるときは、炎症が起きている場合があります。

鎮痛剤などで痛みが治まる場合もありますので、なるべく早くに対処しましょう。

 

坐骨神経痛 慢性期

 

持続していた痛みが落ち着き、特定の動作で痛みが出る時期が慢性期です。

痛み自体も楽になってきます。しかしこの時期も治療は必要です。

 

・特定の動作で痛みが走る

・痛みではなくはばったい感じが出る

 

坐骨神経痛 併発症状

 

坐骨神経痛と併発し、足の冷えや生理不順、ホルモンバランスの崩れなどが起こる場合があります。坐骨神経痛は股関節のズレや骨盤の歪みが起きていることも原因となります。

根本の治療は腰椎の歪み、骨盤の歪みの改善が必要です。

 

坐骨神経痛 足の冷え

 

坐骨神経が圧迫されている状態が続くと、同時に血管の圧迫も起こり、血流の悪さから冷えを併発します。痛みやしびれにより、感覚が鈍くなっていると冷えの時間がないこともありますが、冷えが起こることによってより神経の圧迫を起こし、しびれや痛みが悪化する悪循環もありますので、慢性期の坐骨神経痛の際は積極的に温めましょう。

 

足元が冷えることによって全身の冷えに繋がり、女性の場合は生理痛が悪化したり、生理不順が悪化したり、月経周期にも影響する場合があります。

坐骨神経痛 ホルモンバランスの崩れ

坐骨神経と併発し骨盤の歪みが起こっていると、ホルモンバランスが崩れることによって排卵障害・月経不順が起こる場合があります。

根本の原因となっている腰椎や骨盤の歪みを改善する必要があります。

坐骨神経痛専門鍼灸が効果的な理由

その1 炎症・鎮痛効果がある

鍼灸は炎症を抑えたり、炎症を早く引かせる作用があります。また、鎮痛のツボに施術をすることができます。

急性期・炎症期は炎症によって痛みが強く出ます。少しでも早く炎症を引かせるためには「患部を冷やすこと」は自分で出来ますが、痛みどめを飲んでも炎症を取ることはできません。

 

その2 坐骨神経周りの筋肉を緩める

坐骨神経を圧迫しているお尻の奥の筋肉(梨状筋)は深いところにある筋肉です。なかなか表面から触れるものではありません。鍼は深いところの刺激をすることもでき、奥の筋肉を緩めたり、血流を促すことができます。

 

 

その3 坐骨神経痛専門の骨格調整を行う

根本の原因ともなる骨格の歪み、骨盤がゆがんでいることにより坐骨神経の圧迫や梨状筋の負担、血流の悪さなどを改善することができます。鍼灸だけでは骨格の調整は出来ませんが、整体の手技を組み合わせることによって骨格から改善することができます。

 

当院の治療例 

 

 

患者様の声(一部抜粋)

S.K様
女性 52歳
千葉県市川市

①坐骨神経痛で、腿の裏側が、つるように痛い。腰は立ち上がる時、腰に手をあて勢いをつけないと立ち上がれなかった。
②慢性的な肩こりで、ひどくなると頭痛。

 

 

 
 
 
  • アクセス
  • 診療案内
    診療時間/休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休日
  • アクセス
    JR本八幡駅南口から 徒歩3分、SEIYUが目印
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • エキテン口コミ