市川市の治療実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利

月経不順 まとめ

 月経不順とは

 

月経の悩みで多いのが「月経不順」という、月経が規則正しく来ない状態です。

初潮から不順だという場合もあれば、受験や就職などのきっかけで数か月不順になるという場合、産後や40代を過ぎてから不順になるという場合があります。

 

月経周期は、「前の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数」で表します。この日数が、25日~38日の間に入っていればそれは正常な月経周期と言えます。つまり、ピッタリ1ヶ月で月経が来なくても、数日前後するのは正常範囲内ということになります。

 逆に、月経周期が24日以下だったり39日以上だったりした場合は、「月経不順」ということになります。3ヶ月間全く月経が無亥場合は、「無月経」といって月経不順よりもより深刻な状態になります。

 

 

2~3ヶ月の間月経が不規則になっても、その後自然に正常な周期に戻るようであればあまり心配はありません。女性の体はとてもデリケートなので、ストレスにより排卵が遅れることがあります。それにより2週間くらい月経が遅れることがあります。基礎体温をつけながら3ヶ月程度様子を見て、ちゃんと排卵があるようなら、徐々に正常な周期に戻って来る場合が多いです。

 

 特に初潮が来たばかりの頃は、ホルモンバランスが安定せず、一時的に周期が不規則になるのは珍しいことではありません。人によっては、20歳を過ぎてから月経周期が安定することもあり、10代のうちは月経不順でも、年齢とともに正常周期に戻る可能性があります。

 

早めの鍼灸の体質改善で対策を取ると、即改善する可能性が高いです。

 

月経不順の原因とは?

 

女性のカラダは約1ヵ月に1回、卵巣から卵子を排出します。また、それに合わせて子宮内膜を厚くし、受け入れ態勢を整えて受精卵を待ちます。
ところが、卵子が受精しなかった場合は準備した子宮内膜がいらなくなり、はがれて体外に排出されます。これが月経です。

・月経は、女性ホルモンの影響で起こる

排卵と生理のサイクルに大きな影響を及ぼしているのが、2種類の女性ホルモンです。生理が終わってから排卵までは卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が多い時期で、「卵胞期」と呼ばれます。また、排卵後から生理までは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなり、「黄体期」と呼ばれます。

 

つまり、月経が不規則となる原因として、脳からの指示やホルモンバランスの乱れが考えられます。

 

 

  • アクセス
  • 診療案内
    診療時間/休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休日
  • アクセス
    JR本八幡駅南口から 徒歩3分、SEIYUが目印
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • エキテン口コミ