市川市の治療実績No1の本八幡鍼灸院/千葉船橋・東京江戸川区方面からのアクセスも便利

月経痛 まとめ

月経痛 まとめ

月経痛はなぜ起こるの?

月経痛の主な原因は「プロスタグランジン」という発痛物質です。実は陣痛もこの「プロスタグランジンが原因となって起こります。

月経痛の多い方の子宮内膜や経血には、月経痛の無い方に比べて「プロスタグランジン」が量多く含まれています。

「プロスタグランジン」はホルモンに似た物質で、子宮を収縮させ、子宮内の血流を減少させ、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる作用があります。

 

プロスタグランジンによる月経痛

子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を「経血」として身体の外に押し出す働きをしています。分泌量が多いことによって、子宮の収縮が過剰になり、下腹部や腰の痛みにつながります。また、痛みを強める効果があるため、頭痛の原因となることもあります。

子宮口の出口が狭い

若い女性や出産経験のない女性に多い原因です。子宮の出口が狭いため、経血がスムーズに外に流れにくいことから痛みを生じます。出産を経験すると子宮口が広がるため、月経痛が軽くなることもあります。

 

冷えによる血行不良

体が冷えると、血液の循環が悪くなり、痛みの元となるプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまうので、痛みが強くなります。そもそも生理がはじまると、体温は生理前よりも下がるうえ、プロスタグランジンの働きで血管が収縮するので、血行が悪く、体は冷えやすい状態です。ひざ掛けをかけたり、使い捨てカイロを貼ったりして、下腹部や腰を冷やさないように注意しましょう。

 

精神的・身体的ストレス

ストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせ、痛みを強めます。また体温調節の機能なども低下させるので、冷えが起こりやすくなります。生理中は、睡眠不足や過度な緊張は避け、できるだけゆったり過ごしましょう。

 

月経痛がつらい人は…

月経痛がひどく、日常生活に支障が出るような状態を「月経困難症」といいます。このような重い月経痛の陰には、子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が隠れている場合があります。月経痛がつらいなと感じるようなら、一度、婦人科を受診しましょう。

 

 

鍼灸による月経痛改善

 

血流改善により月経痛の緩和

月経痛の原因である「プロスタグランジン」は子宮内膜を経血として外に排出させるためにより多く分泌されます。

つまり、自然と内膜が経血として流れ出る状態であれば、「プロスタグランジン」の分泌は抑えられ、月経痛も減少することができます。

 

冷えを改善する

血液と共に熱が全身に運ばれることにより、冷えの改善を行うことができます。それにより血流はより促され、月経痛の緩和になります。

骨盤の調整による月経痛の緩和

骨盤がゆがむことにより子宮口が圧迫されると、経血が流れにくい状態にもつながります。また、歪みによって子宮が圧迫されると血流が悪くなり、その結果月経痛が起こることにもつながります。鍼灸で骨格周りの筋緊張を緩めることで、緊張に引っ張られている歪みを改善することができます。さらに直接骨格にアプローチをすることで、骨盤の調整をするとより効果的です。

 

 

 

  • 診療案内
    診療時間/休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2020年12月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
  • アクセス
    JR本八幡駅南口から 徒歩3分、SEIYUが目印
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • エキテン口コミ